食事で美肌になる栄養素を取って内側からも磨きをかけたらもう完璧!  そんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→

 
安全な食材や食品を
掲載していますが、
購入先でのトラブルには
責任を負いかねますので
ご了承下さい。 

 
水頼で外からのお肌ケアをきちんとしたら、さらに食事で美肌になる栄養素を取って内側からも磨きをかけたらもう完璧! 
このページではそんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」をこまめにアップしていきますのでお肌の調子や悩み別に献立をたててみるとよいのでは? 
材料は全て4人分。いざ、レッツクッキング♪ 
※紹介させて頂いているメニューの食材は、もちろん有機栽培や無農薬の物ほど効率がいいですよ(^・^)
これまでのレシピ
ささ身のピーナッツ照り焼き ●栗の渋皮煮 ●タコのはちみつやわらか煮 ●鶏肉のオレンジ煮
かんころ飯 ●かにグラタン ●きんぴらごぼう ●モッツァレラとバジルのライスグラタン
里芋のスパイス炒め ●モロヘイヤとツナのお浸し ●ゆで豚肉の香味味噌
サクラエビとシメジのパスタ ●わかめとタラコのチャーハン ●きんかんのシロップ煮
ブリの酒かす煮
●レシピ1〜15 ●レシピ16〜30 ●レシピ31-45 ●レシピ46-60 ●レシピ61-75 ●レシピ76-90
●レシピ91-105 ●レシピ106-120 ●レシピ121-135

【今週の美肌レシピ120】 ブリの酒かす煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ブリ 400g
大根 500g
青ネギ 1本
酒かす 100g
合わせみそ 20g
出し汁 4カップ
適量
適量
七味唐辛子 少々
【酒かす】
清酒は米のでんぷんが麹カビの酵素によって分解され、酵母でアルコール発酵したもので、搾りかすである酒かすはもろみの酵母が残り、ビタミンB6やナイアシン、葉酸などのビタミンB群が多量に含まれています。また、食物繊維やたんぱく質も豊富で、その上、炭水化物をブドウ糖に分解するアミラーゼを阻害する働きを持っているため、血糖値コントロールやダイエットに効果的です。また、シミ、ソバカスを防ぐアルブチンという物質が含まれ、美肌にも効果的。よく、杜氏の手がすべすべしていてきれいなのはそのためといわれ、アルコールが苦手な人でもお風呂やパックに利用すると効き目があるともいわれています。
1.ブリは塩、酒をふってしばらく置く。
2.ダイコンは2cm厚さの半月切りにする。
3.酒かすはちぎり、分量中の出し汁1/2カップにつけてやわらかくし、すり鉢ですってなめらかになれば、合わせみそを加えてさらにする。
4.鍋に残りの出し汁を煮立て、ブリと大根を加え、大根がやわらかくなるまで煮る。
5.酒かすと合わせみそをすったものを加えて煮汁が少なくなるまで煮、塩で味を整える。
6.器に盛り、斜め切りした青ネギを天盛りにし、七味唐辛子をふる。

【今週の美肌レシピ119】 きんかんのシロップ煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
きんかん 300g
白ワイン 200ml
砂糖 180g
【きんかん】
小さくて柑橘類の中では珍しく皮ごと食べられるきんかん。その皮の部分にはガラクタンやペントザンなどのフラボノイドやビタミンCが豊富です。さらに毛細血管を強くし、ビタミンCの働きを助けるヘスペリジンも含まれていることから、吸収がよりよくなり、いっそう美容や風邪予防などの効果が高まります。また、果物にはめずらしくカルシウムがふくまれているので、骨粗鬆症の予防にも効果が期待できます。
1.きんかんを水洗いし、水気を優しく拭き取り、包丁の角できんかんのヘタを取る。
2.包丁で縦に浅く4〜5ケ所切り込みを入れる。
3.鍋にきんかん、砂糖、白ワインを入れ中火にかける。
4.煮立つ直前に弱火にし、アクを取りながら25〜30分コトコト煮て、火を止め冷ます。
5.熱湯消毒した保存ビンに入れ、冷蔵保存する。

【今週の美肌レシピ118】 わかめとタラコのチャーハン

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
生わかめ 120g
タラコ 2腹
ニンジン 1/2本
万能ねぎ 4本
ごはん どんぶり4杯分
塩コショウ 適量
しょう油 適量
【タラコ】
ビタミンの含有量がとても多く、肌を若々しく保つ作用や、老化を防ぎ、性的機能の衰えを予防するビタミンEのほかに、多発神経症や便秘に効果があるほか、痴呆やアルツハイマー症に効きめがあるといわれているビタミンB1や、口唇炎や湿疹、皮膚炎の予防が期待できるビタミンB2などが多く含まれています。またアミノ酸の一種であるタウリンが多く含まれ心臓強化、貧血の予防、血中コレステロールを減少させる、肝臓機能の促進、アルコール障害の改善、糖尿病の予防など様々な効能があるといわれています。しかし塩分量が高いので、1日30〜50g、1/2腹程度が適量です。
1.わかめはさっと洗い、水気をきり、細かく切る。
2.ニンジンはみじん切りにする。
3.タラコは中身を出しておく。
4.フライパンを熱しワカメ、ニンジン、タラコを入れてサッと炒める。
5.ごはんを入れ塩コショウを加えてよく炒め、でき上がり際に鍋肌からしょう油を回しかけ、炒め混ぜる。

【今週の美肌レシピ117】 サクラエビとシメジのパスタ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
スパゲティ 400g
シメジ 1パック
干し桜エビ 3カップ
しょうゆ 大さじ2
塩コショウ 少々
【エビ】
エビは他の甲殻類やタコ・イカと同様タウリンが豊富で成人病を予防してくれるといわれています。また、たんぱく質、カルシウム、ビタミンEなども含まれています。また、亜鉛も豊富に含まれます。亜鉛は女性ホルモンが正しく機能するために欠かせない栄養素でもあり、美肌や薄毛対策にも有効。精神的ストレスの緩和やうつの予防、味覚障害の防止、悪酔いを防止にも効果が期待できます。そして、赤色色素であるアスタキサンチンはカロテノイドの一種で、強力な抗酸化作用があり、老化の原因のひとつともいわれる過酸化脂質の生成を抑制する効果などに非常に優れ、肌荒れやシワ予防、シミの抑制などにも効果があり美容界でも注目されています。
1.スパゲティは、表示通りに茹でる。
2.シメジは石づきを取って子房に分ける。
3.フライパンにサラダ油をひき、桜エビとシメジを炒める。
4.十分油が回ったらしょうゆを加える。
5.茹で上げたスパゲティを入れ、塩コショウで味を整える。

【今週の美肌レシピ116】 ゆで豚肉の香味味噌

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
豚バラ肉 300g
合わせ米味噌 大さじ3
砂糖 大さじ1/2
ニンニク 2片
しょうが 1片
大さじ1
ごま油 大さじ1/3
【味噌】
大豆、麹、食塩を混ぜ合わせ発酵熟成させた味噌は「医者いらず」と呼ばれるほど健康効果の高い機能性食品で、代表的な効果を挙げると、がん予防、コレステロールの抑制、消化促進、整腸作用、胃潰瘍の予防、美容効果、脳の活性化、老化防止、基礎代謝の促進など枚挙にいとまがないほどです。さらに主原料である大豆は、ご存知の通り、最近最も注目されている食材で、味噌は発酵によって、さらに栄養素が優れたものになっています。また、味噌汁は塩分を気にする人によっては敬遠されがちですが、一杯分では約1.4gと一品の料理の食塩量としては多くなく、それでも気になる場合は、カリウムや食物繊維を含む食材を味噌汁の具にすると塩分が体内に吸収するのを防ぐ上に、排出も高め、さらに健康効果を高めることになります。
1.ニンニクとしょうがをみじん切りにする。
2.味噌とニンニク、しょうが、調味料を合わせ香味味噌を作る。
3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら豚肉を一度に入れる。
4.箸で手早く豚肉をほぐし、再び煮立ってきたらとろ火にしてアクを取りながら、約2分ゆでる。
5.火の通った豚肉をざるに取り、水を切る。
6.ゆでた豚肉を皿に盛り、香味味噌をかける。

【今週の美肌レシピ115】 モロヘイヤとツナのお浸し

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
モロヘイヤ 2束
ツナ缶 2缶
しょう油 大さじ2
【モロヘイヤ】
栄養価が非常に高いことはよく知られていますが、特にカロチンはホウレンソウの5倍、ブロッコリーの19倍も含まれており、さらにカルシウムはホレンソウの9倍、ブロッコリーの10倍含んでいるといわれています。またビタミンB1、B2がそれぞれホレンソウの5倍、その他にもビタミンC・E、カリウム、鉄などが他の緑黄食野菜に比べはるかに豊富です。これの栄養素による健康効果には、免疫の活性化、がんや老化の予防、骨粗鬆症の予防、胃粘膜の保護、疲労回復、高血圧予防、精力増強作用、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、貧血の予防など多岐にわたり、さらに、ヌルヌルとしたねばりには水溶性の食物繊維が豊富に含まれているため、コレステロール低下作用をはじめ、便秘を改善、肥満や糖尿病予防、大腸がん予防など、生活習慣病(成人病)の予防に優れた効果があります。
1.モロヘイヤは根元の固い部分を切り落とし、ざく切りにして、塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、冷水にとって水気をしぼる。
2.ツナ缶の油をきり、しょう油を加え混ぜ、モロヘイヤと和える。

【今週の美肌レシピ114】 里芋のスパイス炒め

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
里芋 4個
にんにく 3片
赤唐辛子 2本
カレー粉 大さじ1
粉唐辛子 少々
サラダ油 大さじ3
少々
【里芋】
糖質、カリウムを多く含み主成分はでんぷんですが水分が多く、イモ類の中でも低カロリーなのが特徴です。またぬるぬるとした粘液質はガラクタンとムチンによるもので整腸作用があり胃や腸の内壁を保護して消化を促進します。さらにガラクタンは脳細胞を活性化させる効果があり、認知症予防や老化防止の効果があるといわれています。また、ムチンには胃腸だけでなく喉や鼻の粘膜を保護し、肝臓を強化する働きがあるため免疫力強化に役立ち風邪予防が期待できます。その上、近年発見されたジガラクトシルジアシルグリセロールという成分はコレステロールの生成を抑えて高脂血症の改善や予防に効果を発揮し、枝豆やセリ、菊などにも含まれていますが、里芋に含まれる量は他の10倍以上だといわれています。
1.里芋をしっかりと洗い、皮がついたまま電子レンジで2分加熱する。
2.皮を剥いて1p幅に切り分ける。
3.にんにくをつぶし、芯も取り除いておく。
4.フライパンにサラダ油、にんにく、赤唐辛子を入れ弱火で炒める。
5.ニンニクの香りが出てきたら、里芋を加えてカリッとなるまで炒める。
6.残りの材料を加え、里芋としっかり絡むように炒める。

【今週の美肌レシピ113】 モッツァレラとバジルのライスグラタン

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ご飯 600g
モッツァレラチーズ 125g
生バジル 4枚
ケチャップ 大さじ3
小さじ1
コショウ 少々
にんにく 1片
パン粉 1カップ
オリーブ油 大さじ1
【バジル】
様々な食材・調理法と相性が良く、利用範囲の広いハーブで食欲・消化促進効果があり、脂っこい料理に添えると胃がもたれにくくなります。また殺菌作用もあり、生の葉を揉んですりつけると虫さされや炎症に効果があります。さらに微量ですがサポニンを含んでいるため咳止め効果も期待できます。またエッセンシャルオイルとしても用いられ、アロマテラピーにおいては、その香り成分に集中力を高めたり、リラックスする効果があるとされ、頭痛などの治療にも使用されます。
1.モッツァレラチーズは粗みじん切りにし、バジルはちぎる。にんにくはみじん切りにする。
2.ご飯にチーズ、バジル、にんにく、ケチャップ、塩コショウを加え混ぜる。
3.耐熱皿に材料の混ざったご飯をのせ、パン粉をふり、オリーブ油をまわしかけ、オーブントースターで7〜8分焼く。

【今週の美肌レシピ112】 きんぴらごぼう

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ごぼう 100g
にんじん 40g
少々
赤唐辛子 1本
サラダ油 大さじ1
だし汁 大さじ2
大さじ2
砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ1
みりん 大さじ1/2
【ごぼう】
食物繊維の多い野菜の代表で、水溶性食物繊維のイヌリン、不溶性食物繊維のヘミセルロース、リグニンなどが豊富に含まれています。これらの食物繊維は消化吸収されずに排出されるため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善、大腸ガンの予防になり、腸内の悪玉菌の繁殖を防ぐとされています。また、ヘミセルロースやリグニンなどの不溶性食物繊維は肉や米の数十倍の水分を吸収して便通を促し、さらに微量成分であるリグニンは、ガンの発生を抑制する作用があるといわれています。イヌリンは腎機能を高め、利尿作用もあり、悪玉コレステロールを排出する働きや、血糖が急激に上昇するのを防ぐ働きもあるため、動脈硬化や糖尿病の予防に役立ちます。このほかビタミンやミネラル類、利尿作用があるカリウムや、性ホルモン分泌に役立つアルギニンも含まれ生活習慣病予防だけでなく、美容にも効果が期待できます。
1.ごぼうは皮をとり、4cm長さのせん切りにして酢水に15分放しアク抜きをする。
2.にんじんもごぼうと同じ大きさのせん切りにし、赤唐辛子は種をとって小口切りにする。
3.ごぼうのアクが抜けたらさっと水洗いしてざるに上げ、水けをきる。
4.鍋にサラダ油を熱し、ごぼうを炒めてしんなりしたら、次ににんじんを入れて炒め合わせる。
5.赤唐辛子を加えてさっと炒め、だし汁と調味料を加え汁気がほとんどなくなるまで炒り煮する。

【今週の美肌レシピ111】 かにグラタン

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
かにの身 100g
マカロニ 50g
タマネギ 50g
エリンギ 50g
バター 10g
生クリーム 30ml
ホワイトソース 200g
とろけるチーズ 50g
ドライパセリ 適量
塩コショウ 適量
パン粉 適量
サラダ油 適量
【かに】
高タンパク、低カロリーであり、種類によって違いがありますが、良質のタンパク質を15〜20%も含み、脂質や糖分はほとんど含まないダイエットに適した食品です。ゆでると赤くなるのは強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンというカロチン色素のため。カロチンは摂取すると体内でビタミンAに変わり、動脈硬化やがんの予防、老化を抑えるなどの効果があるといわれています。またアミノ酸の一種のタウリンが豊富に含まれていて、肝臓の強化や疲労回復、視力の向上などが期待できます。
1.エリンギとタマネギを一口大の大きさに切り、塩コショウで炒める。
2.マカロニを茹でてざるに上げ、水気を切っておく。
3.生クリーム、バター、ホワイトソースを鍋に入れ温まったら炒めたエリンギとタマネギ、かにの身を入れ、塩コショウで味を整える。
4.グラタン用の皿に具をうつし、チーズ、パン粉、ドライパセリをのせて250度のオーブンで10分間焼き上げる。

【今週の美肌レシピ110】 かんころ飯

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
2カップ
サツマイモ 1本
小さじ2/3
炒りゴマ(黒) 少々
【さつまいも】
一般には糖質やでん粉が多いというイメージしかありませんが、ミネラルやビタミンなども多く含んでおり穀物と野菜類の両方の性格を兼ね備えた栄養面に富んだ食品です。しかもバランスよく含まれていることから準完全食品とも呼ばれています。中でもビタミンEはじゃがいもの10倍以上、精白米の3倍以上含まれ、ビタミンCはリンゴの10倍以上も含まれてながら熱に強い特性を持っています。その他、食物繊維やβカロチン、カリウムも豊富で脂質が少なく美容に適した食品です。
1.米は洗って水気を切っておく。
2.サツマイモは皮つきのまま縦に4つ割りにし、1cm厚さに切って水にさらす。
3.米を炊飯器に入れ、普通に水加減し、水気をきったサツマイモをのせて炊く。
4.炊き上がったら蒸らして混ぜ、茶碗に盛ってゴマをふる。

【今週の美肌レシピ109】 鶏肉のオレンジ煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
鶏もも肉 2枚
タマネギ 1/2個
ニンニク 1片
生姜 適量
オレンジジュース(100%) 400cc
塩コショウ 少々
【みかん】
これからますます美味しくなるみかんはビタミンCが特に豊富で、2個で大人一日分を満たすといわれています。さらにビタミンAやB群、カリウムなども多く含み、白いすじには食物繊維が豊富なので、なるべく取り除かずに食べるのがおすすめです。また、近年注目されている『β-クリプトキサンチン』というオレンジ色の色素には、がんの抑制効果があるといわれています。ただし、体を冷やす作用もあるので、冷え性の方や妊娠時の食べ過ぎには注意が必要です。
1.鶏もも肉はフォークで穴をあけ、すり込むように塩コショウをしておく。
2.タマネギはみじん切り、ニンニク、生姜はすりおろす。
3.鍋に材料とオレンジジュースを入れてふたをし、煮立つまで強火、その後、とろ火にして約30分煮込む。

【今週の美肌レシピ108】 タコのはちみつやわらか煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ゆでタコの足 4本
しょうが(スライス) 4枚
大さじ4
しょう油 大さじ2
はちみつ 大さじ2
【はちみつ】
主な成分は糖質ですが、カリウム・カルシウム・鉄分・ナトリウム・マグネシウムなどのミネラル・B1・B2・B6・葉酸などのビタミンが10種類以上バランスよく含まれています。消化吸収の良さからすばやくエネルギーとして利用され、低血圧や更年期障害、便秘、造血作用、免疫力向上、美肌効果などの効用があるとされています。特に最近の研究によると腸に毒素がたまるのを防ぎ、整腸作用・大腸がん予防にも効果があり、抗菌成分である「フェノール酸」にはピロリ菌を殺す働きがあるといわれています。美容効果も健康維持にもはちみつはおすすめの甘味料です。
1.タコの足を1本ずつ切り分ける。
2.鍋にタコ、しょうがを入れ、タコがかぶるくらいの水を入れ、酒としょう油、はちみつを加える。
3.鍋に落としぶたをして火にかけ煮立ったらとろ火にして1時間以上煮る。
4.タコに竹串の太いほうを刺してスッと入れば完成。

【今週の美肌レシピ107】 栗の渋皮煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
20個
砂糖 360g
重そう 大さじ3
少々
2リットル
【栗】
健康によいことで中国では古来より重要視されてきた食材で、主成分はでんぷん質ですが、ビタミンA・B群・C、カルシウム、カリウム、鉄分などビタミン・ミネラル成分がバランスよく含まれています。また、現代人に不足しているといわれる亜鉛がほかのナッツ類と同じく豊富に含まれています。また食物繊維も多く、渋皮に含まれるタンニンは抗ガン物質として近年注目されています。ただ、一粒あたりのカロリーが高いので食べすぎには注意が必要です。
1.栗は渋皮に傷をつけないように鬼皮を丁寧にむく。
2.ボールに栗、水1リットル、重そう大さじ1半を入れ、沸騰するまで強火にし、その後中火にしてゆでる。
3.ゆで汁が赤黒く色づいたら、火からおろして栗をすくって水の中に入れ、2〜3回水を替えてさらす。
4.再びボールに残りの水と重そうを加え、栗を入れ、ゆでる。
5.再びゆで汁が赤黒くなったら、火からおろし、栗を取り出し、水をとりかえ色が出なくなるまでさらす。
6.水の中で渋皮の固い筋を爪楊枝の先などで栗を傷つけないように、丁寧にとる。
7.ホーローの鍋に栗の水分を切って入れ、栗がかぶるくらいの水と砂糖と塩を入れ、和紙の落としぶたをし、鍋ぶたもして弱火で煮汁がひたひたになるまで煮る。
8.鍋を火からおろして煮汁に一昼夜つけたまま置き、煮汁を含ませる。

【今週の美肌レシピ106】 ささ身のピーナッツ照り焼き

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ささ身 8本
ピーナッツバター 大さじ2
しょう油 大さじ1
砂糖 小さじ1
豆板醤 小さじ1/2
ごま油 少々
塩コショウ 少々
サラダ菜 適量
【ピーナッツ】
おやつに、ビールや水割りのお供におなじみのピーナッツには不飽和脂肪酸であるオレイン酸・リノール酸が豊富で、コレステロールを抑制する作用があるといわれています。また、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やすオリゴ糖や、便通を促し、血糖値の上昇を抑える働きがある食物繊維などが含まれる健康機能性食品です。その上、ビタミンEが多く、美肌効果や老化防止に効果が期待でき、ビタミンB1やアルコールの代謝促進に効果的な働きをするナイアシンなども豊富です。さらにマグネシウムやカルシウム、亜鉛などミネラル成分もバランス良く含まれ、種皮には話題のポリフェノールが多量に含まれている、まさに栄養素の宝庫ともいえる食材です。
1.ささ身は塩コショウし、ピーナッツバター、しょう油、砂糖、豆板醤をからめておく。
2.オーブントースターの天板にアルミホイルを敷き、ごま油を薄く塗って下味を付けたささ身を並べ、8〜9分焼く。
3.器にサラダ菜を敷き、切り分けたささ身を盛る。
▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved