食事で美肌になる栄養素を取って内側からも磨きをかけたらもう完璧!  そんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→

ビューティクッキング
水頼で外からのお肌ケアをきちんとしたら、さらに食事で美肌になる栄養素を取って
内側からも磨きをかけたらもう完璧!
このページではそんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」をこまめにアップしていきますので
お肌の調子や悩み別に献立をたててみるとよいのでは?
材料は全て4人分。いざ、レッツクッキング♪
※紹介させて頂いているメニューの食材は、もちろん有機栽培や無農薬の物ほど効率がいいですよ(^・^)
これまでのレシピ
●納豆とチーズの包み揚げ ●スイートポテト ●ロールキャベツ ●イチゴのムース
●アボガドとカツオの山かけ ●オクラと納豆のそうめん ●イカの塩辛
●アスパラベーコン ●即席ザワークラウト ●豚肉のレモン風味●いか飯
●たこときゅうりの土佐酢あえ ●なすのにく味噌がけ ●小アジの南蛮漬け
●レシピ1〜15 ●レシピ16〜30 ●レシピ31-45 ●レシピ46-60 ●レシピ61-75 ●レシピ76-90
●レシピ91-105 ●レシピ106-120 ●レシピ121-135

【美肌レシピNo.45】  うなぎの酢の物

■ 材料 ■

うなぎの蒲焼き 100g 
きゅうり 2本
青しそ 10枚
みょうが 2本
大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ1/2 

■ 今回のメイン食材 ■

【うなぎ】
たんぱく質をはじめ、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウムなどがバランスよく含まれており、野菜嫌いな方にお薦めの健康食材です。特に、目の働きを高め、免疫力を強化するビタミンAの含有量が多く、肝約10g、蒲焼約40gで成人の1日あたりに要する摂取量を満たすことがでるといわれています。その上、、魚介類に豊富なDHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコサペンタエン酸)も含まれ、脳の活性化や血液のサラサラ化にも役立ち、肌の調子を整える働きがあるコラーゲンも豊富で、美肌にうってつけ。さらに老化予防に役立つビタミンE、疲労回復によいとされるビタミンB2などにより、生活習慣病の予防や冷え性の改善にも効果が期待できます。ただし、ビタミンCは存在しないので、他の食品で補う必要はあります。
  • うなぎの蒲焼はザク切りにする。
  • 塩をまぶして板ずりしたきゅうりをたて半分に切って斜め薄切りにし10分程おく。
  • にじみ出てきたきゅうりの水分を良く絞る。 
  • みょうがは小口切りにし、しそは手であらくちぎる。

  •    
  • 酢と砂糖、塩をよく混ぜ、そのほかの材料を和える。 

 

【美肌レシピNo.44】  小アジの南蛮漬け

■ 材料 ■

小アジ 12尾
玉ネギ 1/2個 
レモンの輪切り 4枚 
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2 
1カップ 
片栗粉 適量 
みりん 大さじ2 
だし汁 1カップ 
大さじ2 
赤とうがらし 1本

■ 今回のメイン食材 ■

【アジ】
名前の由来が「味に通ず」とか「味がよいから」などと伝えられているようにアジは昔から日本人に好まれてきた魚です。その原因のひとつは旨味成分であるイノシン酸が豊富で、それに対する脂肪分の含有量が適度なところにあるとされています。また、海水魚の中ではカルシウムを多く含んでいる魚のひとつで、100g中に65mgも含まれています。その上、血液をサラサラにするするイコサペンタエン酸(IPA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、抗酸化作用が強く免疫力強化にも役立つセレンセレニウム、コレステロール値を下げるタウリン、血圧を下げる効果を持つカリウムなどがまんべんなく含まれています。特に青身魚に多いドコサヘキサエン酸(DHA)はコレステロール抑制、精神安定、不眠症、痴呆症に効果があるといわれ、記憶力向上などの脳の活性化や視力回復、白内障防止など目の健康、肩こりや頭痛防止にも期待が持たれる、まさに万能栄養素だともいえるでしょう。
  • しょう油、砂糖、酢、みりん、だし汁、酒と小口切りの赤唐辛子を鍋に合わせて一煮立ちさせ、漬け汁を作る。
  • 小アジは、せいご、えら、内臓を取り除いて水洗いし、キッチンペーパーなどで水気を取る
  • タマネギは縦薄切りして水にさらしておく。
  • 掃除したアジに片栗粉をまぶし、150℃前後の油でからりと揚げる。
  • 揚がったアジは冷めないうちに漬け汁に漬ける。
  • 5が冷めたら玉ねぎとレモンを置いて冷蔵庫で2〜3時間冷やす。

 
 

【美肌レシピNo.43】  ナスの肉みそがけ

■ 材料 ■

ナス 4本  ピーマン 1個 
大さじ1 土ショウガ 1片
塩こしょう 少々 ゴマ油 小さじ1
オリーブ油 大さじ4 赤みそ 120g
鶏ひき肉 200g 大さじ2
ニンジン 1/4本 しょうゆ 大さじ1
ゴボウ 1/2本 豆板醤 小さじ2 
    片栗粉 小さじ2 

■ 今回のメイン食材 ■

【ナス】
ナスはその94%が水分ですがビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などがバランスよく含まれ体調を保つ機能が優れているといわれています。また最近では皮の色素であるナスニンの効果が注目されています。ナスニンはポリフェノールの一種で抗酸化作用が強く、細胞の老化防止、病気への抵抗力強化のほかに肌のシミを防ぐなど美肌効果も期待できます。また、ルチン、エルセチンという成分は血管を柔らかく保ったり、止血を早めるなどの働きがあり皮を煎じたもので歯磨きをすると歯槽膿漏に効果があるとされています。しかし、身体を冷やす作用もあるので冷え性の方や妊婦さんには注意が必要です。
  • ナスはヘタを切り落として横に1〜1.5cm幅の輪切りにする
  • ナスを塩おおさじ1を溶かした水につけアクを抜く
  • 赤みそ、酒、しょうゆ、豆板醤を混ぜ、合わせ調味料を作る
  • ニンジン、アク抜きしたゴボウ、ピーマン、土ショウガをみじん切りにする
  • フライパンにゴマ油、土ショウガを入れて中火にかける
  • ショウガの香りが立ってきたら、鶏ひき肉、ニンジン、ゴボウを加える
  • 鶏ひき肉がパラパラになってきたら合わせ調味料を加えピーマンを加える 
  • 水で溶いた片栗粉を全体にまわし入れとろみをつける
  • フライパンにオリーブ油を少量ずつ入れ塩こしょうをしたナスを焼く
  • 両面に焼き目をいれ肉みそをかける

 

【美肌レシピNo.42】  たこときゅうりの土佐酢和え

■ 材料 ■

きゅうり 4本 
ゆでたこ 200g
かつお削り節 5g
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1
大さじ2
大さじ3

■ 今回のメイン食材 ■

【きゅうり】
きゅうりにはイソクエルシトリンという成分が含まれています。これは毛細血管の強化、動脈硬化の防止、利尿を促す作用があり、手足のむくみや膀胱炎、二日酔いに効果的といわれています。また、含有率の高いカリウムも、血液の浄化や利尿作用、老廃物の排出を促し、腎臓の働きを助け、疲労回復にも役立ちます。さらにビタミンCも多く含まれているので美肌効果も期待できます。ぬか漬けにすると、ぬかのビタミンB1が吸収され疲労回復に役立つビタミンB1が10時間後では約5倍にもなります。ただし、きゅうりにはビタミンCを破壊するアスコルビナーゼ酵素も含まれています。単品で食べれば問題ないのですが、他の食品と一緒に切ったり、すりおろしすると、その食品のビタミンCを壊してしまいます。ただ、アスコルビナーゼは加熱や酸や酢につけたりするとその力が失われ、柑橘系の果物を混ぜるとビタミンCの破壊は少なくなります。ですので、きゅうりと他の野菜などを組み合わせるときは軽くしたゆでするか、先にレモンや酢に浸すといいでしょう。
  • かつおの削り節、しょうゆ、砂糖、水を鍋に入れて煮立て土佐酢を作る。
  • 土佐酢をこして冷ます。 
  • きょうりを薄い小口切りにし、塩をふってよくまぜる。
  • しんなりしたら水洗いして水けをしぼる。 
  • たこをうすぎりにしキュウリと皿に盛る。
  • 土佐酢をかけて、出来上がり。

 

【美肌レシピNo.41】  イカ飯

■ 材料 ■

イカ 中4ハイ
もち米 2/3カップ
砂糖 小さじ3
大さじ3
だし汁 1カップ
しょう油 大さじ3

■ 今回のメイン食材 ■

【イカ】
イカにはカリウム、亜鉛、ビタミンEが比較的多く含まれ、良質のたんぱく質も豊富です。また、脂質が少なく低カロリーなため、ダイエット時のタンパク質補給に適しているといえます。そして、特に注目すべき栄養素はタウリン。栄養飲料には必ずと言っていいほど含まれているタウリンはイカ100g中に約900mg含まれ、血液中のコレステロールの低下作用、肝臓の解毒作用の促進、胆石の生成阻止作用、強心作用、抗不整脈作用、筋肉疲労の回復促進作用、アルコール中毒の抑制作用などにわたって重要な働きをするといわれています。その上、貧血、無月経、閉経に伴う更年期障害のトラブルにも効果が期待でき、魚介類にしか含まれないDHAが脳の働きを活発にし、外見だけでなく内面も磨きたい方におすすめです。
  • もち米は洗って一晩水に浸しておき、ざるに上げて水気をきる
  • ワタを抜き、皮を剥いたイカの胴に洗ったもち米を7分目ほど詰め楊枝でとめる。
  • 鍋にイカを並べ調味料を入れ、イカが浸るくらいに水を足す
  • 落としぶたをして30分ほど煮る
  • 適当な大きさに切り、器に盛る。

 
 

【美肌レシピNo.40】  豚肉のレモン風味

■ 材料 ■

豚もも肉(かたまり) 600g
タマネギ 2個
塩こしょう 適量
レモン 1個
サラダ油 大さじ2

■ 今回のメイン食材 ■

【豚肉】
糖質の代謝や神経の働きに関係し、疲労回復に効果があるとされているビタミンB1。豚肉には牛肉と比べると約10倍含まれているといわれています。また、一般的にナイアシンと呼ばれているビタミンB3も多く、神経や脳機能の正常化、性ホルモンの合成、食欲不振や下痢などの症状の回復に役立ち、解毒作用か細胞の老化防止、ニキビの治療、体内の代謝促進など美容効果も期待できます。その上、良質のタンパク質も豊富で、意外と脂肪分は少なく、ダイエットにも効果的。ビタミンCやクエン酸を多く含む食材と組み合わせることでより完璧に近い栄養摂取が行えます。
  • 豚肉のかたまりをたこ糸で縛る
  • タマネギは薄くスライスする。
  • 強い目に塩コショウしたかたまり肉を転がし焼き目を入れる
  • スライスしたタマネギを肉の回りに入れる
  • レモンの半分を絞り、残りはスライス
  • レモン汁を加えて再びふたをし5分で完成

 

【美肌レシピNo.39】  即席ザワークラウト

■ 材料 ■

キャベツ 1kg
20g
粒こしょう 2粒 
ローリエ 2枚
唐辛子 1本
50cc
砂糖 20g
白ワイン 30cc

■ 今回のメイン食材 ■

【キャベツ】
キャベツは早秋から初夏にかけて収穫される春キャベツ、北海道や群馬、長野の高地で収穫される夏秋キャベツ、そして晩秋から冬にかけて収穫される冬キャベツと年中旬であるといえるアブラナ科の野菜です。アブラナ科の野菜にはがん予防の薬効成分があると確認され、古くから健胃作用や胃腸の潰瘍に効くとされ胃腸薬としても薬効が認められています。また、ビタミンUが大量に含まれていて肝機能が活性化し、タンパク質や糖質、脂質の代謝が高まることで肥満や脂肪肝を改善させる効果も期待できます。そして、豊富に含まれた食物繊維で便秘の解消、ビタミンCで美肌、美白効果、免疫力を高めてウイルスによる感染症を防いだり、傷の治りを早くする効果のほか、強い抗酸化作用もあります。その他、カロチン、ビタミンKなども含まれ、まさに手軽で安心、安全、その上、美味しい食物の代表格と言えるでしょう。
  • キャベツを洗い、5oくらいの千切りにする
  • 千切りキャベツに塩を加えてもみ、しんなりしたら水気を絞る 
  • キャベツに粒こしょうとローリエ、唐辛子を加え、弱火で加熱 
  • 水分がでてきたら、仕上げに砂糖、酢、ワインを加える

 

【美肌レシピNo.38】  アスパラベーコン

■ 材料 ■

グリーンアスパラ 2束
ベーコン 8枚
大さじ2
しょうゆ 大さじ1
みりん 少々
少々

■ 今回のメイン食材 ■

【アスパラガス】
コリコリとした歯触りが特徴のアスパラガスは3〜6月くらいが旬。6月を過ぎると信州や北海道産が出回ってきます。カロチン、ビタミンA、B1、B2、C、Eなどが含まれていて、穂先には多く含まれるルチンはビタミンCの吸収を助ける働きをします。また、血圧の降下作用があることから心臓病や動脈硬化、高血圧など生活習慣病の予防に役立ち、冷え性や肩こりなどにも効能があるといわれています。そして、注目すべきはアスパラギン酸というアミノ酸に変化するアスパラギン。アスパラギン酸は体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があります。その上、皮膚の新陳代謝を活性化させるので美肌効果も期待できます。
  • アスパラの根元、固い部分を落とし、4〜5cm長さに切る
  • 沸騰した湯に塩を加え、さっとゆでる
  • ベーコンを広げ、アスパラガスをのせて巻き、巻き終わりは楊子でとめる
  • フライパンに油を熱し、ベーコンを巻いたアスパラを並べる
  • フタをして半分位火が通ったら、しょう油、みりん、酒をかけ、からめながら焼く

 
 
 

【美肌レシピNo.37】  イカの塩辛

■ 材料 ■

イカ 2はい
イカの重さの5%

■ 今回の栄養素 ■

【タウリン】
アミノ酸の1種で貝など魚介類に多く含まれる。体の各部位の働きを正常に戻す作用があり、血圧やコレステロール値低下にともなう動脈硬化予防、解毒作用による肝臓機能補助、疲労のもととなる乳酸の蓄積を抑制、筋肉の収縮力を強化によって心臓機能を高め、紫外線などで痛んだ角膜の修復を早めることによる視力低下を防止などの効果が認められている。熱に強く煮込み料理などでも壊れることはないが水に溶け出しやすいので、煮汁等と一緒に摂取するのが望ましい。
  • イカの胴体からワタを引き抜く
  • ワタからスミ袋と足をはずし、皿に並べてたっぷりの塩(分量外)をまぶす
  • 冷蔵庫に3時間ほどねかせる
  • 胴体はよく洗って開き、えんぺらと皮を取り除く
  • 下ごしらえした胴体を縦半分に切り、細く短冊に切る
  • 切ったイカをザルに入れ、かるく塩(分量外)をふりかける
  • 冷蔵庫に1時間入れて水をきる
  • ワタと切り身の塩分を流水で洗い流す
  • 清潔で口が広いビンにイカを入れて、ワタの皮を破って中身をほぐし入れかき混ぜる
  • 次の日くらいから食べられるようになるが、 3日目頃が食べ頃

 
 

【美肌レシピNo.36】  オクラと納豆のそうめん

■ 材料 ■

そうめん 2束
そうめんつゆ 800cc
おくら 4本
(塩でもみ洗いし、0.5mm幅位に切る。)
ひきわり納豆 2パック
白ねぎ 適量
(4cm程の長さに切り氷水につけてしらがねぎにする。 )
かつお節 適量

■ 今回の栄養素 ■

【ムチン】
たんぱく質と多糖類が結合した粘性物質で納豆、オクラ、山芋などに含まれる粘り気のことをいう。また、人間の気管、胃腸などの消化管、生殖腺、目などの粘膜も表面はムチンで覆われている。粘膜を潤し、損傷を防ぐため胃潰瘍や胃炎、風邪やインフルエンザなどの防止に効果がある。また、粘膜が保護されることからアレルギー症状の予防や改善も期待されている。。
  • そうめんを少し硬めにゆでる
  • オクラは塩洗いし0.5ミリ幅に切る
  • 白ネギを4センチの長さに切り氷水につけて白髪ネギにする
  • 器にゆでたそうめんを盛り、おくら、納豆、ねぎをのせ、つゆを注ぐ。
  • 最後にかつお節を盛る

 
 

【美肌レシピNo.35】  アボガドとカツオの山かけ

■ 材料 ■

アボガド 1個 
カツオの切り身 400g
しょう油 大さじ2
小さじ1
ポン酢 小さじ1
やまいも 200g 
にんにく 4片
もみのり 適量
少々 

■ 今回の栄養素 ■

【グルタチオン】
アミノ酸の一種で人間を含む動植物や微生物の組織内に含まれている物質。細胞の機能低下や変異をもたらす有害物質を体内で解毒し、肝臓の機能を強化する作用が認められ、過酸化脂質の生成を抑制したり、すでに生成された過酸化脂質から体を防御したりする働きもあるので細胞の老化やガンの予防にも効果がある。また、アルコール性脂肪肝をはじめとする慢性肝疾患、角膜損傷、皮膚障害、薬物中毒、妊娠中毒症、放射線や抗がん剤による白血球減少などの予防、改善。シミ・ソバカスや黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、ストレスにも有効であると言われている。
  • アボガドとカツオを同じ大きさの角切りにする
  • 酒、しょう油、ポン酢、にんにくをすりおろし、酒しょう油を作る
  • カツオを酒しょう油で洗う。 
  • カツオを皿に盛り、まわりにアボガドを盛り付ける
  • やまいもをすり、塩少々を入れる
  • カツオとアボガドにすった山芋を盛り付け、上にもみ海苔をかける

 
 

【美肌レシピNo.34】  イチゴのムース

■ 材料 ■

イチゴ 75g
生クリーム 90cc
粉ゼラチン 3g
15cc
卵白 1個分
砂糖 20g

■ 今回の栄養素 ■

【キシリトール】
 樺や樫などの樹木から採れる成分を原料とした天然の甘味料。プラムやいちご、カリフラワー、ナス、レタスなど多くの果物や野菜にも含まれている。甘さは砂糖と同じだがカロリーは約75%。歯の表面を溶かす酸の生成を防止し、虫歯菌の増殖を抑える。また歯垢の付着力を弱める効果があり歯磨きだけで白く維持する効果もある。
  • イチゴを裏ごしする
  • 粉ゼラチンを水で戻す
  • 生クリームを八分立てに泡立てる
  • 卵白を強く泡立ててから砂糖を加え、もう一度、角が立つまで泡立てる
  • 粉ゼラチンを湯せんで溶かし、裏ごしたイチゴの中に加え混ぜる
  • 別のボウルに生クリームと泡立てた卵白を混ぜ、裏ごししたイチゴに少しずつ加える
  • 型にムースたねを流し入れ、冷蔵庫で2時間、冷凍庫で20分冷やし固める

 
 

【美肌レシピNo.33】  ロールキャベツ

■ 材料 ■

キャベツ 8枚
合い挽き肉 300g
タマネギ 100g
1個
小麦粉 大さじ1
塩・コショウ 適量
3カップ
コンソメの素 1個

■ 今回の栄養素 ■

【α-リノレン酸】
脂質の主な構成分である脂肪酸の中で人体内では合成や蓄積をすることができず、食事から摂取する必須栄養素。血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、ガンの発生や増殖を抑制したりするなどの働きをする。またリノール酸の過剰摂取により影響を受けるとされるアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患にも緩和させる働きもあるといわれている。
  • キャベツの葉を8枚破けないように剥ぎ取り、芯を取る。
  • 多い目の湯で茹で、しんなりしてきたら取り出し、水にさらす。
  • タマネギはみじん切りにして飴色になるまで弱火でじっくり炒める。
  • ボールに合い挽き肉、タマネギ、卵、小麦粉と塩、胡椒少々を加えよく練り混ぜる。
  • 茹でたキャベツで合い挽き肉のタネを包み開かないように楊枝で止める。
  • コンソメの素と水でスープを作りロールキャベツを煮込む。

 

【美肌レシピNo.32】  スイートポテト

■ 材料 ■

サツマイモ 250g
砂糖 大さじ1
バター 大さじ1
牛乳 大さじ1
卵黄 2個分 
バニラエッセンス 少々

■ 今回の栄養素 ■

【ヤラピン】
サツマイモに含まれる成分で切り口からにじみ出る粘液を指す。便秘に効果があり。サツマイモは多量に含まれている食物繊維、ビタミンC、Eとともに美容効果が高い食材でもある。。
  • サツマイモの皮をむき2センチ幅に輪切りにする。
  • 鍋に輪切りのサツマイモを入れひたひたの水でゆでる。
  • くしが通るくらいゆだったらざるに上げ、水気を良く切り裏ごしする。
  • 裏ごししたサツマイモにバターと砂糖を加えて混ぜる。 
  • 卵黄1個分を加え、牛乳とバニラエッセンスを入れて混ぜる
  • スィートポテトのタネを8等分しアルミカップにのせる。
  • 卵黄1個分をはけでポテトの上に塗る。
  • 温めておいたオーブントースターで2分程度焼き、焼き目を付ける。

 

【美肌レシピNo.31】  納豆とチーズの包み揚げ

■ 材料 ■

大葉 12枚
ひきわり納豆 大さじ6
ナチュラルチーズ 適量
しょうゆ 適量
ねりからし 適量
小麦粉 適量
適量

■ 今回の栄養素 ■

【α-リノレン酸】
脂質の主な構成分である脂肪酸の中で人体内では合成や蓄積をすることができず、食事から摂取する必須栄養素。血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、ガンの発生や増殖を抑制したりするなどの働きをする。またリノール酸の過剰摂取により影響を受けるとされるアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患にも緩和させる働きもあるといわれている。
  • チーズは細かく刻む。
  • ひきわり納豆にチーズ、しょうゆ、からしを入れ、混ぜる。
  • シソの葉の裏側に材料を混ぜた納豆を乗せ半分に折る。
  • シソでくるんだ納豆に天ぷら衣につけ、180度の油でサッと揚げる。
▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved