食事で美肌になる栄養素を取って内側からも磨きをかけたらもう完璧!  そんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→

 
安全な食材や食品を
掲載していますが、
購入先でのトラブルには
責任を負いかねますので
ご了承下さい。 

 
水頼で外からのお肌ケアをきちんとしたら、さらに食事で美肌になる栄養素を取って内側からも磨きをかけたらもう完璧! 
このページではそんな美肌レシピ「お肌ヨロコビメニュー」をこまめにアップしていきますのでお肌の調子や悩み別に献立をたててみるとよいのでは? 
材料は全て4人分。いざ、レッツクッキング♪ 
※紹介させて頂いているメニューの食材は、もちろん有機栽培や無農薬の物ほど効率がいいですよ(^・^)
これまでのレシピ
セリの卵とじ ●カワハギの薄作りジャガイモのターメリック炒め ●ライ麦入りスコーン 
サヤエンドウの卵とじ ●キュウリとミョウガの和風甘酢サラダ ●クジラの竜田揚げ
スズキの洗い 梅しょうゆ ●モヤシ炒め ●ブドウゼリー ●ニガウリのマーボー風
ナスのシソ巻き ●柿の炒め物 ●マイタケの吸い物 ●鮭のみそバターホイル焼き
セロリの炒り煮 ●豚肉のニラエノキ巻き
●レシピ1〜15 ●レシピ16〜30 ●レシピ31-45 ●レシピ46-60 ●レシピ61-75 ●レシピ76-90
●レシピ91-105 ●レシピ106-120 ●レシピ121-135

H19.10.15更新!

【今週の美肌レシピ】 めかぶと長いもの即席スープ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
めかぶ 100g
長いも 80g
いり白ごま 小さじ1/2
おろししょうが 小さじ1/2
顆粒だし 小さじ2
熱湯 カップ3
【めかぶ】
ヌルヌルと糸を引く成分は食物繊維の一種であるフコイダン。めかぶに含まれるフコイダンは免疫細胞を活性化させる数少ない食品成分で、風邪やインフルエンザの予防に効果が期待できます。また胃に入るとへばりつき、暴飲暴食やストレスで荒れやすい胃の粘膜を保護します。さらにピロリ菌を吸着し、腸へと排出してしまう働きもあり、胃潰瘍や胃ガンの予防にも注目されています。さらにワカメ同様に含まれるヨウドはアルギン酸やフコイダンなどの食物繊維、そしてフコキサンチンなどのカロチノイドとともに乳がんの抑制に役立つとされ、カロチンの一種であるフコキサンチンには、発ガン抑制効果があるとされ、がん細胞を自殺に追い込むアポトーシスの働きがあるといわれています。
1.長いもは1cm角に切る
2.器にめかぶ、1の長いも、白ごま、おろししょうが、顆粒だしを等分に入れる。
3.2に沸とうした熱湯をそそぐ。

【今週の美肌レシピ152】 豚肉のニラエノキ巻き

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
豚バラ薄切り肉 12枚
エノキダケ大 2袋
ニラ 12本
塩こしょう 適量
サラダ油 小さじ2
【エノキダケ】
含まれる主な栄養素は、パントテン酸、ビタミンB1、D、鉄、葉酸、食物繊維など。パントテン酸は糖代謝や脂質代謝において重要な反応に関わる物質で、ストレスに強い体をつくり、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。また細胞壁に含まれる「β‐グルカン」はガン予防に、エネルギーが少ないことから肥満予防、ダイエット効果も期待できます。ただし、ビタミンなどは水溶性のため鍋物、汁もの、ホイル焼きなど、汁ごと全ていただける料理が理想です。
1.エノキダケは根を切り落とし、6等分する。
2.エノキダケと同じくらいの長さに折ったニラと1に豚肉を巻きつけ、サラダ油を熱したフライパンで焼き、塩コショウで調味する。

【今週の美肌レシピ151】 セロリの炒り煮

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
セロリ 1本
ゴマ油 大さじ1
すり白ゴマ 大さじ1/2
大さじ2
みりん 小さじ1
砂糖 小さじ1
醤油 大さじ1/2
刻み赤唐辛子 1/2本分
【セロリ】
セロリはカリウム、カロテン、ビタミンC、食物繊維を含有し、特有の香りはセダノリッド、セネリンと呼ばれる成分によるものです。豊富なカリウムはナトリウムを排泄して血管を広げ、血圧やコレステロール値を下げるので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に効果があるとされます。カロテンが全身の代謝をスムーズにし、ビタミンCが疲労やストレスに対する抵抗力を高めてくれます。食物繊維は腸の働きを整えコレステロールの低下に有効的です。独特の香り成分は食欲増進、ストレス解消、頭痛に効果が期待できます。漢方では体内の余分な熱を冷ます作用、余分な水分を出す利尿作用、精神安定やめまいなどの症状緩和に利用されています。
1.セロリは水で洗い筋を引き、斜めに薄く切る。
2.フライパンにゴマ油を中火で熱し、セロリを加えて炒める。
3.しんなりしたら酒、みりん、砂糖、醤油、刻み赤唐辛子を加え、汁が少なくなるまで炒める。
4.器に盛り付け、すり白ゴマを振り掛ける。

【今週の美肌レシピ150】 鮭のみそバターホイル焼き

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
生さけ切り身 4切れ
しめじ 1パック
玉ねぎ 1個
バター 大さじ3
みそ 大さじ3
しょうゆ 少々
みりん 少々
【サケ】
古くから日本人の食生活を支え、その調理法、加工法はまさに多様。産地で名高い新潟県には100種を超える調理法、料理名があるといわれています。身の色から赤身魚と思われがちですが、実は白身魚。身の色は、強力な抗酸化作用をもつアスタキサンチンという赤い色素によるものです。そのパワーはビタミンEの500〜1000 倍ともいわれ、老化や動脈硬化、ガン、白内障などの予防に有効的です。不飽和脂肪酸や各種ビタミンやミネラルも豊かに含み、心身を健やかに保つとされます。
1.バターを電子レンジでとかし、みそ、しょうゆ、みりんで合わせ味噌を作る。
2.アルミホイルの上に、薄切りの玉ねぎ、石づきを取って小分けしたしめじ、さけを並べる。
3.さけに合わせ味噌をぬり、ホイルで包む。
4.オーブントースターで10〜12分焼く。
5.ホイルを開いて2〜3分焼く。

【今週の美肌レシピ149】 マイタケの吸い物

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
マイタケ 1/2パック
鶏ささみ 1本
ぎんなん 適量
みつば 1/2束
だし汁 4カップ
大さじ1
しょうゆ 小さじ1
すだち 2個
【マイタケ】
免疫力を高めるβ-グルカンがたんぱく質と結合し、水に溶けない形で含まれているので、ガンの予防効果が注目されています。X-フラクションにはインスリンの働きを正常に保つ作用があり、糖尿病などの予防に有効的です。漢方でも、血糖値や血圧を正常化するのを助けるとして重用され、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも役立つとされます。また、豊富なビタミンDがカルシウムの吸収を助けるので骨や筋肉を丈夫にするとされます。チロシナーゼ阻害物質は、皮膚にメラニン色素ができるのを防ぐので、シミ・ソバカスを予防し、美肌効果も期待できます。
1.マイタケを手で小分けにする。鶏肉は、一口大に切る
2.マイタケと鶏肉をアルミホイルの上にのせ、軽く塩をふる。
3.予熱したオーブントースターに入れ、5〜6分焼く
4.鍋にだし汁を沸かし、しょうゆ、酒、塩少々を加え、煮立たせる。
5.椀にぎんなん、焼いたマイタケと鶏肉、みつばを入れ、汁を注ぐ。
6.すだちを添える

【今週の美肌レシピ148】 柿の炒め物

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
1個
野沢菜 3本
ベーコン 1枚
シシトウ 8本
ゴマ油 小さじ2
白ゴマ 小さじ1
小さじ1
しょうゆ 小さじ2
刻み赤唐辛子 少々
【柿】
1個で1日の目標摂取量をほぼ満たすほど、ビタミンCが豊富。ビタミンCは皮膚機能維持に重要なコラーゲンを生成し肌を美しくするほか、免疫力を高めるので風邪などの感染症予防にも有効とされます。また、豊富なβ-カロテンや渋味成分タンニ ンとの相乗効果で活性酸素を消去すると言われています。強い抗ガン作用をもつクリプトキサンチンも多いので、ガンや老化予防に有効とされます。アルコールの分解を促すアルコールデヒドロゲナーゼと利尿作用をもつカリウムの働きで、二日酔いにも効果的。飲酒前に食べると悪酔いを防ぐ効果も期待できます。
1.野沢菜はサッと洗って水気を絞り、3cmの長さに切る。
2.柿はヘタを取り、皮をむいて野沢菜に合わせて切る。
3.ベーコンは細切りにする。シシトウは水洗いし軸を切り落として縦半分に切る。
4.フライパンにゴマ油を熱し、ベーコンから脂が出るまで炒めて、野沢菜と柿、シシトウを炒める。
5.全体に油が回ったら酒、しょうゆ、刻み赤唐辛子を加えて炒め合わせる。
6.器に盛りつけ、指先で白ゴマをつぶしながら掛ける。

【今週の美肌レシピ147】 ナスのシソ巻き

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ナス 4本
シソの葉 16枚
梅干し 4個
かつお節 5g
サラダ油 大さじ2
【シソ】
すがすがしい芳香はペリルアルデヒド、リモネン、ピネン等の揮発性テルペン類によるもの。嗅覚を刺激して食欲増進とともに消化吸収を助け、胃腸の調子を整えます。刺身のあしらいに使われるように強い殺菌・防腐作用があり、食中毒予防にも有効で抗ガン作用も期待されています。また、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状の改善に有効とされるα-リノレン酸を含み、体内でイコサペンタエン酸(IPA)に変わって血流をよくするので、老化や心筋梗塞予防に有効と言われています。β-カロテンの量はブロッコリーの約13倍と多く、ビタミンCとともに活性酸素を抑制するとされます。
1.ナスはヘタを切り落とし、縦4つに切る。
2.シソの葉は軸を切り落す。
3.梅干しは種を除き、包丁で細かくたたき、かつお節、酒をよく混ぜ合わせ合わせ梅肉を作る。
4.シソの葉の片面に合わせ梅肉をつけて、ナスを包む様にはさむ。
5.フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、ナスを焼き色がつくまで焼き、器に盛る。

【今週の美肌レシピ146】 ニガウリのマーボー風

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ニガウリ 1本
豚ひき肉 200g
ニンニク 2かけ
ショウガ 20g
豆板醤 小さじ1
長ネギ 40g
オイスターソース 小さじ2
ゴマ油 小さじ2
片栗粉 小さじ2
少々
コショウ 少々
【ニガウリ】
ビタミンCの含有量が非常に多く、加熱調理をしても消失しないのが特徴。血管や皮膚、骨、粘膜などの組織を強化し、肌をみずみずしく保つ効果が期待できます。またビタミンCは強力な抗酸化作用でガンの発生を抑制し、免疫力を高める働きもあるとされます。苦味の主成分であるククルビタシンという成分にも抗酸化作用があるといわれています。糖質をエネルギーに変換するのに不可欠なビタミンB1や、糖質の吸収をゆるやかにする食物繊維も含むため、疲労回復や糖尿病予防にも役立ちます。
1.ニガウリは縦半分に切り、種とわたをとり、薄く切って軽く塩もみする。
2.フライパンにゴマ油を熱し、みじん切りにしたニンニクとショウガを炒める。
3.香りが出たら豚ひき肉と豆板醤を加える。
4.肉に火が通ったら、みじん切りにした長ネギとニガウリを入れて手早く炒める。
5.オイスターソース、塩・コショウで味をつける。
6.水溶き片栗粉でとろみをつける。

【今週の美肌レシピ145】 ブドウゼリー

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ブドウジュース 400ml
砂糖 大さじ4
白ワイン 大さじ1
粉ゼラチン 5g
大さじ3
【ブドウ】
果肉に含まれる糖質(炭水化物)の多くは吸収されやすいブドウ糖と果糖なので、体内に入るとすぐにエネルギーとなり、疲労回復に役立つとされます。紫色系の果皮に含まれるアントシアニンをはじめ、フラボノイドやタンニンなどのポリフェノールは、強い抗酸化作用で活性酸素を撃退し、動脈硬化や脳卒中などの循環器疾患予防に有効として期待されています。同じくポリフェノールの一種であるレスベラトロールにも抗酸化作用があり、細胞の寿命を延ばす成分として注目されています。果皮の色や品質はさまざまで、黄緑色系のマスカットは優れた芳香をもつものが多くあります。
1.ゼラチンを水に振り入れてふやかす。
2.鍋にブドウジュース、砂糖を入れて火にかける。
3.砂糖が溶けたら火を止め、ふやかしたゼラチンを加えて余熱で溶かす。
4.鍋底を氷水に当て、粗熱がとれたら白ワインを加える。
5.混ぜながらトロミがつくまで冷やし、器に流し入れて冷蔵庫で1時間位冷やし固める。

【今週の美肌レシピ144】 モヤシ炒め

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
モヤシ 1袋
玉ネギ 1/2個
ニンジン 1/4本
ピーマン 1個
塩コショウ 少々
しょうゆ 小さじ2
かつお節 5g
サラダ油 小さじ2
【モヤシ】
一般にモヤシと呼ばれるのは、植物性たんぱく質が豊かなマメ類を利用したもの。モヤシも最近人気のスプラウト(新芽)の一種。種子を発芽させ、散水をくり返して4〜7日で収穫します。暗い所で育てるので白いが、発芽後に光を当てると緑色になる。種子には生育に必要な養分が凝縮されていて、発芽する段階で酵素が活発に働き、たんぱく質はアミノ酸に分解されて消化・吸収しやすくなります。発芽中に新たにビタミンCが合成されるため、遠洋航海などではビタミンCの欠乏症を防ぐようにと、船中でモヤシを育てたといいます。エネルギーが低く、脂質の代謝を促すビタミンB2や老廃物を排出するとされる食物繊維を含むのでダイエットに向きます。
1.モヤシはたっぷりの水に放ち、シャキッとしたらザルに上げてしっかり水気を切る。
2.ニンジンは皮をむき、縦せん切りにする。ピーマンは縦半分に切り、ヘタと種を取って横細切りにする。
3.玉ネギは縦薄切りにしてバラバラにほぐす。
4.フライパンにサラダ油を強火で熱し、玉ネギが透き通る位まで炒めて、モヤシ、ニンジンを炒め合わせる。
5.全体にしんなりしてきたら、ピーマンを加えて炒め合わせ、塩コショウ、しょうゆで味を調える。
6.かつお節を混ぜて、器に盛る。

【今週の美肌レシピ143】 スズキの洗い 梅しょうゆ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
すずき 250g
きゅうり 1本
みょうが 40g
梅干し 2個
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1
青じそ 4枚
【スズキ】
成長するにつれて名前が変わる出世魚。生まれ立てはコッパ、20cm前後の1年魚は関東ではセイゴ、30〜35cmの2年魚はフッコ。3〜4年以上たって、ようやくスズキと呼ばれる頃には60cm以上に成長します。1mにも達するものはオオタロウとも呼ばれます。低脂肪・高たんぱくの白身魚で身は弾力に富み、夏の洗いはとくに珍重されます。栄養成分はタイと似ており、ビタミンA・Dが豊富。とくにビタミンAは魚類のなかでは群をぬいて多く含まれます。動脈硬化の予防やコレステロール値の低下が期待できるIPA、DHAやオレイン酸も含みます。
1.スズキはそぎ切りにしてざるに入れ、氷を加えて、ボウルで受けて水をかけ、身が縮んで白っぽくなったら水けをよくきる。
2.きゅうりは皮をむいてかつらむきにし、巻き戻して繊維に直角にせん切りにして、水に放してパリッとさせ、水けをきる。
3.みょうがは細く切る。
4.梅干しは果肉を裏ごしにし、しょうゆ、みりんを加えて溶きのばす。
5.器にきゅうり、みょうがを置き、青じそをあしらってスズキを盛り、梅しょうゆをかける。

【今週の美肌レシピ142】 クジラの竜田揚げ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
クジラ 300g
醤油 大さじ2
大さじ1
みりん 大さじ1
ショウガの搾り汁 小さじ1
片栗粉 少々
揚げ油 適宜
【クジラ】
海に棲む哺乳類で、ヒゲクジラ類とハクジラ類の2種類に分けられます。肉質はヒゲクジラ類のほうが味が良く、クセがありません。全体的に赤身が多く、たんぱく質と鉄が豊富で脂肪が非常に少ないです。水溶性ビタミンのナイアシンが多いのも特徴で、糖質や脂質のエネルギー代謝を活発にするほか、頭痛やめまいの予防にも有効とされます。ビタミンB6は皮膚炎予防の効果が期待できます。最も美味とされるのは、赤身と脂が霜降りになった尾のつけ根の肉で、刺身やステーキなどにされます。腹側の肉はウネと呼ばれ高脂肪ですが、陸上動物にはほとんど含まれないIPA、DHAが豊富で、血栓防止やコレステロールを減らす作用があるため、生活習慣病予防が期待できます。
1.クジラを7〜8mmの厚さに切る。
2.クジラを醤油・酒・みりん・ショウガの搾り汁を合わせたものに20分漬ける。
3.水気をふいて片栗粉をまぶし、180℃の揚げ油でさっと揚げる。

【今週の美肌レシピ141】 キュウリとミョウガの和風甘酢サラダ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
キュウリ 2本
ミョウガ 4本
小さじ2/3
みりん カップ1
ショウガ 大さじ4
米酢 大さじ6
【ミョウガ】
さわやかな香りとほのかな苦味、シャキシャキとした食感が身上。高血圧予防の働きのあるとされるカリウムと少量のミネラルやビタミン類を含みます。食物繊維が豊富なため、便秘・吹き出物の解消や肥満予防に有効なファイバーフードとして注目を浴びています。食欲をそそる独特の香りのもとは精油成分のピネン。眠気を覚まし、発汗促進や消化促進作用のほか呼吸器の機能を高め、血液の循環をよくする働きがあるとされます。また、月経不順や生理痛などの婦人病にも有効と言われています。解熱・解毒作用をもつ辛味成分も含んでおり、口内炎やのどの痛みの緩和、風邪予防に効果が期待できます。
1.キュウリは縦に3ヶ所ほど皮をむき、めん棒やびんの底などで叩く。それをひと口大に切り、塩を振りかけて水気が出たら絞る。
2.ミョウガは千切りにし、キュウリと合わせる。
3.みりんとショウガは合わせて煮つめ、米酢を加えて冷たくしておく。これをキュウリとミョウガにかける。

【今週の美肌レシピ140】 サヤエンドウの卵とじ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
サヤエンドウ 100g
2個
エノキタケ 100g
1/2カップ
顆粒だし 小さじ1/4
醤油 小さじ2
みりん 小さじ2
【サヤエンドウ】
エンドウの未熟マメを若いさやごと食べるものをサヤエンドウといいます。未熟なマメだけを食用とするグリーンピースや、完熟した穀物用のエンドウマメは同じエンドウの仲間です。関東では薄くて小型のキヌサヤが好まれ、関西では大型のオランダサヤエンドウがよく使われます。エンドウに比べてたんぱく質は少ないのですが、β-カロテンが豊富。エンドウにはないビタミンCも多いため、活性酸素を抑制し脂質の酸化を防止し、細胞老化の予防に役立つとされます。調理の際は、たっぷりの熱湯でさっとゆで、うちわなどであおいで冷ませば水っぽくならず、緑色が鮮やかになり、ビタミンCが水に溶け出すのを防ぐことができます。
1.サヤエンドウは筋をとり、斜めに2つに切る。
2.エノキタケは根もとを落とし、小房に分けておく。
3.卵は溶きほぐしておく。
4.鍋に水、顆粒だし、醤油、みりんを入れて煮立て、エノキタケを加えて火を通す。
5.サヤエンドウを入れ、色が鮮やかに変わったら、溶き卵を加え、半熟程度にとじる。

【今週の美肌レシピ139】 ライ麦入りスコーン

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
小麦粉 80g
ライ麦粉 40g
ベーキングパウダー 小さじ1
バター 20g
砂糖 20g
1個
牛乳 大さじ2
ジャム 適宜
【ライ麦】
パン食文化圏では、小麦や大麦と並ぶ重要な穀物資源の1つ。ライ麦は標高の高いやせた土地でも丈夫に育つため、古くからドイツはじめ北部ヨーロッパで栽培され、さまざまなライ麦パンが作られてきました。ライ麦にはパンにふくらみや弾力をあたえるグルテンが少ないため、パン生地は小麦粉やグルテン粉を加えて作られます。また粉の性質上、乳酸菌発酵によって作られることから独特の酸味と風味が生まれます。栄養素的には疲労回復に役立つとされるビタミンB1や骨を丈夫にするカルシウムなどが豊富。消化吸収をゆるやかにする成分を含むので、糖尿病予防にも有効とされます。便秘を改善が期待できる食物繊維も多く含まれます。
1.小麦粉、ライ麦、ベーキングパウダーは一緒にふるいにかけておく。
2.ふるいにかけた粉にバター、砂糖をすりまぜて、卵と牛乳を加えて軽くまとめる。
3.まな板に生地を広げ厚さ1cmくらいに伸ばし、丸型(6cmくらい)で型ぬきをする。
4.フライパンに並べ、ふたをしてさっくりと焼き上げる。
5.好みのジャムを添える。

【今週の美肌レシピ138】 ジャガイモのターメリック炒め

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
ジャガイモ 4個
大さじ2
ターメリック 小さじ1/2
大さじ4
塩・ガラムマサラ 各少々
【ターメリック】
ショウガに似た楕円形の根茎部を煮沸して乾燥し、粉末にしたもの。やや土臭い香りとわずかな苦味がありますが、クルクミンという色素成分による強烈な黄色の着色性が特徴。カレー粉の材料として欠かせないスパイスです。たくあん漬けの色づけにも使われ、世界各地で絹や羊毛、皮革などの染料としても用いられています。クルクミンには強い抗酸化作用があり、また肝機能を高め、胆汁酸の分泌を促進し、抗菌・消化促進作用のあることが知られています。健胃、消炎、鎮痛、血中コレステロール値低下作用、抗血栓作用も期待されています。
1.ジャガイモは1cmの厚さのイチョウ切りにする。
2.フライパンに油を熱し、ジャガイモをゆっくり炒める。
3.ジャガイモが透き通ったら酒とターメリックをふり、ふたをして蒸し煮にする。
4.火が通ったらガラムマサラと塩をふる。

【今週の美肌レシピ137】 カワハギの薄作り

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
カワハギ 2尾
スダチ 2個
ダイコン 200g
赤トウガラシ 2個
ポン酢 適量
【カワハギ】
淡白な味わいの白身魚。味や食感がフグに似ていて、毒がなく扱いやすいため、フグの代用にされることもあります。種類は多く、一般にはカワハギとウマヅラハギが有名。口は小さいが丈夫な歯をもち、甲殻類や貝類などを食べます。脂質はきわめて少なく低エネルギー。脂溶性のビタミンDが豊富。ビタミンDはカルシウムの吸収をよくし、骨への沈着を助けて骨や歯を丈夫にするほか、血中のカルシウム濃度を調節しイライラを抑える作用もあるとされます。ビタミンB6は、脂質を分解してエネルギー代謝を活性化。インスリンの分泌を促す作用も期待できるため糖尿病の予防・改善に役立つとされます。
1.カワハギの皮をはいで薄作りにする。
2.ダイコンに菜箸で穴をあけ、タネをとった赤トウガラシを差し込む。
3.すりおろしてもみじおろしを作る。
4.カワハギを皿にのせ、半割りにしたスダチを添える。
5.ポン酢は好みで適量加える。

【今週の美肌レシピ136】 セリの卵とじ

■ 材料4人分 ■ ■ 今回のメイン食材 ■
セリ 2束
2個
3カップ
顆粒だし 小さじ1
醤油 大さじ2
みりん 小さじ2
砂糖 小さじ2
【セリ】
血圧降下作用のあると言われるカリウム、粘膜の強化を期待できるβ-カロテンやビタミンCが豊富。カルシウムや食物繊維も多く含まれます。造血作用のある葉酸や鉄分も含むので貧血予防や美肌にも有効とされます。これらの栄養素は野生種のほうに多く含まれます。独特の香りはミリスティシン、カンフェンなどの精油成分で、胃を丈夫にし、解熱・解毒作用や発汗作用もあり、美肌作りや冷え性にも効果的。ミリスティシンは抗ガン作用を高めるといわれています。またケルセチンには神経の興奮をやわらげ、血圧を正常にするほか、皮膚ガンを起こす紫外線の影響を抑える効果も期待されています。
1.セリは熱湯で下ゆでして、アクをぬき、食べやすい長さに切る。
2.水、顆粒だしを混ぜ合わせ、だし汁を作る。
3.鍋にだし汁、醤油、みりん、砂糖を加えて、ひと煮立ちさせる。
4.セリを加えて割りほぐした卵をかけ回す。
5.卵が半熟の状態になったら火を止める。
▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved