無添加商品の落とし穴

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→
■ 水頼マガジン INDEX ■
経皮毒(けいひどく) 大人のニキビ
自然治癒力とリラックス 合成ポリマー
バランスが重要です! 弱酸酸性・弱アルカリ性論議
美肌への道 ■無添加商品!
お肌に合う・合わない? 洗顔の大切さ
一度リセットしてみませんか? 皮膚呼吸?
にきびはどうすれば治るの? 洗濯洗剤とアトピー・体のにきびとの関係
代謝と老化 チャンスの季節!
アトピーの原因追求 成分の表示方法!
毛穴のトラブル ほうれい線

無添加商品!
 無添加な物は安全とお考えになられている方は比較的に多いのではないでしょうか?

 お化粧品等でこの表現が使われる場合は、殆ど旧表示指定成分無添加という意味です。
※旧表示指定成分というのは、法律で有害性が認められている成分で「配合する場合はきちんと表示しなさいよ」という成分です。現在のお化粧品は全成分表示義務があります。言いかえれば自己責任だということです。

  化学成分というのは、旧表示指定成分以外にも同様な有害性がある物は数え切れないほどあります。全成分表示に変わったのは、表示指定成分に加えていく成分がいくらでも出てくるということからです。

「無添加シャンプーや無添加化粧品を利用したけどかぶれた!」という経験をされた方も大勢いらっしゃると思います。この様な皆さんの経験から、「無添加や自然な物を使ってもあまり意味が無い」「自然治癒力はたいしたことはない」「やっぱり薬だ」「化学の力は凄いから高い物を購入すればいい商品に違いない」という考えが広がった様な気がします・・ 

無添加や自然派というイメージを鵜呑みにすると、良い物を使っているつもりが、全然意味が無かったというような状況を生んでしまいます。 

しかしながら、現代の市販商品の中から防腐剤や合成界面活性剤未使用の物を見つけ出すのは困難ですので、極力安全な物選びということが求められています。 

 最低限避けたい成分

合成界面活性剤・紫外線吸収剤・香料・着色料

上記は成分名ではなく、大枠の表現ですので、購入される際は上記の分野に属する成分が配合されているか質問した方がいいと思います。

また、無香料とだけ記載されている物の殆どは、着色料や旧表示指定成分が含まれているということを指します。

▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved