合成ポリマー、シリコン

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→
■ 水頼マガジン INDEX ■
経皮毒(けいひどく) 大人のニキビ
自然治癒力とリラックス ■合成ポリマー
バランスが重要です! 弱酸酸性・弱アルカリ性論議
美肌への道 無添加商品!
お肌に合う・合わない? 洗顔の大切さ
一度リセットしてみませんか? 皮膚呼吸?
にきびはどうすれば治るの? 洗濯洗剤とアトピー・体のにきびとの関係
代謝と老化 チャンスの季節!
アトピーの原因追求! 成分の表示方法!
毛穴のトラブル ほうれい線

合成ポリマー(シリコン)
最近特によくお聞きになると思いますが、合成ポリマーを使用した化粧品はたくさんあります。
肌が潤っているように感じられるのは化粧品に含まれる合成ポリマーの力なんです。
合成ポリマー配合化粧品の仕組みを説明致しますと、合成界面活性剤がバリアを壊し、水を引き連れて皮膚内に入ります。
すると皮膚はふくらみ、シワは伸びます。
一方、ポリマーは皮膚内に入れず、一部の水を抱えたまま皮膚の表面に入り、徐々に水が蒸発して生ゴムのような皮膜になり皮膚に入った水の蒸発を防ぐのです。

これらは顔をサランラップで覆うように、合成の膜を作り上げる感じです。
確かに人工の膜でぴったりフタをすれば、乾燥しなくなったと感じるのは当然です・・

最近ではツヤ肌などとアオリ、ツヤや透明感の出るものが人気です。
また市販の合成シャンプーやリンスにも含まれるためさらさらツヤツヤになったように感じます。
実際には、髪をビニールの膜で覆っているだけで、髪本来のものではありません。

お肌も髪の毛の悲鳴をあげたくもなります・・

メイクをして合成ポリマーで覆われた膜を落とすには強力なクレンジング剤が必要です。ふつうに洗っただけでは、ぬるぬるしてなかなか落ちません。
そうなるとよりよく落ちるものを求めて合成界面活性剤を含むクレンジングを使用することになり、台所用合成洗剤で、顔を洗う同等な行為に走ってしまいます。
当然皮膚のバリア機能でもある、皮脂を破壊します。すると、肌は水分を保つことができなくなるので、乾燥する。だから、市販の化粧品に含まれる合成ポリマーでフタをする。

ここでも負の連鎖の根源があります。

またこの合成ポリマーというのは合成界面活性剤と一緒で非常に安価なため瞬く間に広がってしまいました。

有害性は歴史も浅いことから確認されていませんが、合成のビニールがお肌にいいとは到底考え難いです・・・。
お肌の仕組みやクレンジングまで考えた場合は、充分に危険な要素が今の段階でもあります。
合成界面活性剤に続いて、また新たな問題が深刻化しなければよいのですが・・・
ジメチコン、メチコン、ヘシロキシケイサンなどシリコン系ポリマー、アクリル酸、メタアクリル酸、 カルボマー等のポリマーect
▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved