弱酸酸性と弱アルカリ性論議

COMMODITY LINE UP
スキンケアレアシリーズ
生活安全シリーズ
長期割引制度はじめました→
お肌のトラブルについて→
水頼の効果的な使い方→
虎の巻→
週がわりキレイレシピ→
お客様の声→
情報ボックス→
商品選び参考表→
アンケート→
MAGAZINE→
■ 水頼マガジン INDEX ■
経皮毒(けいひどく) 大人のニキビ
自然治癒力とリラックス 合成ポリマー
バランスが重要です! ■弱酸酸性・弱アルカリ性論議
美肌への道 無添加商品!
お肌に合う・合わない? 洗顔の大切さ
一度リセットしてみませんか? 皮膚呼吸?
にきびはどうすれば治るの? 洗濯洗剤とアトピー・体のにきびとの関係
代謝と老化 チャンスの季節!
アトピーの原因追求! 成分の表示方法!
毛穴のトラブル ほうれい線

弱酸酸性・弱アルカリ性論議
比較的に弱酸性と弱アルカリ性のどちらがよいかということについて気になっている方は多いのではないでしょうか?

あれだけ弱酸性が良い様なCMがされれば、殆どの方が弱酸性が良い物だと感じるのは無理もありません。

では、水頼としては弱アルカリ性が良いかというと、決してそうではありません。

というのは、まず弱酸性・弱アルカリ性というよりは、お肌に良い成分なのか?それとも悪い成分なのか?ということが最も重要です。

自然界の中では弱酸性でお肌に良い作用を行う成分もありますし、弱アルカリ性でも良い作用を行う成分があります。

実際水頼の有効成分でも、レシチンは弱アルカリ性でアミノ酸は弱酸性です。
では、レシチンがお肌に不向きかというと、そうではありません。もし不向きであれば、水頼は既に存在していないでしょう。

ではなぜあれ程弱酸性が大ブームに仕向けれれたかというと、人間の表皮は弱酸性ですので、弱酸性の物を利用すると、PH(水素イオン指数)ギャップがない為にお肌が潤っている使用感が得られるためです。
潤い感というのは、商品の使用感において非常に重視されているので、初めて利用した時に良い物と認識されやすいのです。

弱アルカリ性は、お肌のケラチン(死んだ細胞角質)を溶かす性質を持っている為、乾燥をもたらしやすく、利用した時はどうしても乾燥しがちなのです。

ところが、人間というのはうまくできていて、溶けた組織を再生しようとターンオーバーが促進され、再びケラチンが再生されます。少しピーリングの論理に似ているのですが、ピーリングは強制力が強く、お肌が弱体化し過ぎている状態で利用すると、お肌の機能自体に負担を与え、常在菌の生態を崩しかねません。

少し理屈っぽくなりますが、水頼の最高有効成分オリジナルレシチンというのは、ピーリングとは違い、お肌のターンオーバーの促進と弱アルカリ性という特性によって、ケラチンを程よく除去することによって、常に新しい細胞を生み、余分な角質を取り除けるという性質を持っているのです。

ピーリングは剥がして、その当時の自然治癒力に頼る手法ですので、自然治癒力自体が弱っている場合、効果がなく悪化するケースも多々あります。

余談ですが、エステ等ではそこまではなかなか追求はしていないのですが、優秀なエステ等では、状態が悪すぎるときはピーリングは行わない方が良いということを経験的に知っています。
基本的なマッサージと、負担が極力少ないホームケアからスタートします。

石鹸で弱酸性の物は合成界面活性剤が使われているので避けた方がよいのですが、使い始めは純石鹸より使用感が良いので、ついつい騙されがちなので注意してくださいね・・

お肌に良くない成分での 弱酸性・弱アルカリ性
お肌に良い成分での   弱酸性・弱アルカリ性 

皆さんならどれを選びますか?

結局本質を見失った論議からは正解に行き着くことは出来ません・・

▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved