無添加の食器用洗剤や洗濯洗剤でアトピー対策。水頼生活安全シリーズの洗浄液は自然に100%戻る完全無公害でお肌に全く負担を与えない理想的な無添加の洗浄液です。


LeA スキンケアシリーズ

初回申し込み専用フォーム

会員専用お申し込みフォーム

生活安全シリーズ TOP

Seiketsu in Bar

水頼超洗濯

水頼食洗

バイオパック

瞬間消臭マバタキ

合成界面活性剤一覧


 

 

合成界面活性剤一覧

私たちの生活に、大きな影響を与えている洗剤。
炊事・洗濯をすると、手が荒れやすいのは、実は合成界面活性剤によるダメージによるところが大きいというのは、考え方の問題ではなく、様々な方面から公然の事実として認識され始めました。

アトピーの方は特に生活全体から合成界面活性剤を避ける必要があります。服や食器は関係ないと思っていても、合成界面活性剤は服や食器に残留して、間接的に私たちの体内に侵入してきます・・

 

食洗は、食器洗いに留まらず、気になるお野菜や果物に残留している農薬を軽減できる人畜無害の洗剤ですので、食に関しても気になされている方には特にお奨めです。

超洗濯は、洗濯槽の裏カビ防止や衣服に残留する合成界面活性剤を回避できるので、アトピーの方や体の出来物にお悩みの方に特にお奨めです。

食器を洗った後、手が荒れるのではなく、つるつるになれば楽しく洗い物ができるかもしれませんね(^.^)

市販の洗剤と比べると非常に高いと感じられ方も少なくはないと思いますが、合成界面活性剤は無料同然の廃油ですので価格も非常に低価格を実現できます。

洗剤お試しセット
価格 : 3,150円(税込)
内容 : 超洗濯(300ml)
        食洗(300ml)・泡ポンプ200ml用


初回限定送料・代引き手数料無料でお届けします。

      天然100%スキンケアシリーズはこちら>>   ご注文はこちらから>>


水頼超洗濯 水頼食洗
Seiketsu in Bar バイオパック
瞬間消臭マバタキ

合成洗剤と石鹸

パッケージを裏返して成分のところを見てみてください。 
一般的に石けんの成分は、「純石けん分・脂肪酸ナトリウム(もしくは脂肪酸カリウム)」 これのみです。合成洗剤の成分は、「界面活性剤・ポリオキシエキレンアルキルエテール・ 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム・パラペン」など化学記号がいかにも思い浮かびそうな名前を連ねています。
今まで「石けん」だと思っていたお風呂場にある白いかたまりも、実は合成洗剤だった!ということは多々あり得ます・・(お肌が弱い方やアレルギーをお持ちの方は今すぐチェックしてみましょう!)
石けんは動植物のあぶら(油脂)に苛性ソーダ(強アルカリの物質)を合わせ、 加熱してできますのでアルカリ性。それに対して合成洗剤は科学的な処理によって作られ酸性になります。 
弱酸性は合成洗剤?えっ?? ということは…弱酸性の時代は化学成分の時代?
天然原料(ヤシ油など)を使っていても、苛性ソーダ(もしくは苛性カリウム)を使わずにできるものは合成洗剤と考えていいと思います。

界面活性剤

「界面活性剤」というコトバを最近特によく耳にすることがあると思います。界面活性剤が環境を汚しお肌を傷めつける悪者のようなイメージをお持ちではありませんか?しかし石けんも界面活性剤ですし、界面活性剤自体は悪者でもなんでもなく非常に便利な作用を持っています。 
「界面」というのは「表面=異質な2つのものの間の境界面」のこと。 
「汚れ」というのは基本的に油なので、そのまま水で流しても落ちません。水と油は交じり合わないものの代表ですね。その水と油の界面(境界面)に作用して、両者が交じり合うように働きかけるもの、それが「界面活性剤」なんです。そして水と油が混ざる作用を乳化作用といいます。 
でもこの仲介役にも個性があって、それが石けんと合成洗剤の大きな違いです。石けんは水で薄まると界面活性を失います。すすいだ後の肌の上や、汚れを流した水の中では、界面活性剤ではなくなっている(元の水と油に戻っている)ので、手あれを起こすこともなく、川や海の生物にも安全です。 
それに比べて合成洗剤に含まれる、科学的に作られた合成界面活性剤はどれだけ薄めても界面活性が残ります。汚れと水の界面に作用するだけに終わらず、肌にも影響を与え、必要以上の油分を取り去る、皮膚細胞のセラミドを破壊するなどの作用で手荒れを起こしたり、魚などの生物にも害を起こしたりしてしまうのです。 
この界面活性の残留性が大きな問題なのです。

合成界面活性剤の残留性

台所のスポンジに食器用洗剤を利用し、その後完全に洗剤を取り除こうとしてもいつまでも泡が切れないという経験はおありではないでしょうか? 
このことが合成洗剤の便利な所でもあり危険な所でもあるのです。 
つまでもその力を失わない為にスポンジはもちろんのこと、洗った食器にも附着し残留する為、食器を通して食事の際に体内に入り込んでしまい、アレルギー等の原因となります。もちろんお化粧品やシャンプーにも合成界面活性剤は当たり前の様に使われているので食器に残留する様にお肌に残留してしまうことは必然です。
水頼によってお肌の調子が良くなられる方が多いのは有効成分の働きもありますが何よりも合成界面活性剤を利用する機会が減ることが大きな要素だと考えています。

合成洗剤の危険性!!!

私たち人間やあらゆる動植物の細胞は細胞膜で包まれています。 
この細胞膜は選択透過性といって、体に必要な物質は膜を通すけれど危険な物質は通さないという性質をもっています。しかし合成洗剤に含まれる成分は私たち人間にとってもともと存在しなかった人工的な物である為、この選択透過性を狂わせてしまうことが最近の研究でわかってきました。 
だから毒物が体内に吸収されやすくなったり、逆に体内から必要な物質が流れ出てしまったりしていろんな害が起こってしまうのです。。

安くて便利な合成界面活性剤

上記の様に、合成界面活性剤がこれ程恐ろしいということが知られてきているにも関わらず、 世の中はなぜ合成界面活性剤だらけなのでしょうか? 
答えは簡単で、非常に安くて便利だからです。様々な分野を見渡しても洗浄商品というのは非常にお安いとは思いませんか?大手メーカーだから安いと安易に考えるのは危険です! 
いくら大きな会社でも天然成分による界面活性剤をそのままのお値段で販売すればあっという間に倒産してしまいます。それほど天然の物というものは高価な物なのです。

進歩する化学・重宝される天然成分

化学の進歩は私達の生活を大変便利にしてきてくれました。ところが本当の安全という部分を無視してきた結果、昔では有りえなかった原因不明の病気やトラブルを次々と登場させ多くの人々を悩ますことに…。 
しかし、化学成分を毎日利用していても、なんのトラブルも起こらず過ごせる方もたくさんいらっしゃいます。 
極度な天然思考というのは身体にお悩みのない方からすればあまり良く思われません。しかし現代の異常なトラブルの増加を考えると強制的にでも変えていかなければ、私たちの次世代の子供たちにまで影響を及ぼし、生まれてくる半数以上がアレルギーや皮膚疾患を持つ様な時代が予想されます。今こそ本当に考えていかなければならないのではないでしょうか?

安全性?

安全性の基準というのはいいかげんなもので、有害性が認められていても基準値以下であれば安全という名目で販売できます。 
ところが基準値以下の商品でも生活において複数利用すれば基準値を超える有害物質を利用したことと一緒で、合成界面活性剤等は更に微量でも利用した分残留してしまいますので毎日蓄積している様なものです。

本当に安全な物

水頼シリーズの洗浄液は自然に100%戻る完全無公害でお肌に全く負担を与えない理想的な洗浄液です。 
近年問題視されている洗濯槽のカビも合成洗剤が大きな原因となっています。洗濯して清潔にしようという行為が実は衣服に残留した合成洗剤がアトピー肌やアレルギー・体のニキビの原因の一つとなってしまっています。

▲ページのトップへ
Copyright(C)MIZUDAYORI. All Rights Reserved